民家は住まいの原形 ・・・《Simple is Best!》・・・ 民家再生は家造りの復権
アルケドアティスロゴマーク・カワセミ君

一級建築士事務所 アルケドアティス

ハルダム邸玄関
アルケドアティス(代表:網野隆明)が手掛けた主な民家再生を、最新の事例を中心にご紹介します。
更に詳しくは、アルケドアティスのホームページをご参照ください。→ アルケドアティスへのリンクボタン お問い合わせは→ アルケドアティスへのメールボタン へ。


民家再生作品No.14【杣口の家】 山梨県白州町→山梨市へ移築再生中の事例・2005年11月竣工予定
再生前の民家
再生前の民家

築年数約100年の平屋建て茅葺民家。建物の保存状態は良好。建具もほとんど再利用可能で規模も適当なため、架構をそのまま活かすことが出来る。
解体中の外観 解体中の小屋組み

民家再生作品No.13【楽庵】 千葉県松戸市→東京都武蔵小金井市へ移築再生中の事例・2005年9月竣工予定
再生前の蔵
再生前の蔵

築年数約80年の蔵を住宅へ変える移築再生事例。蔵のため柱・梁は煤けておらず5寸角の通し柱が規則正しく組まれた頑健な建物である。
再生中の内観・曲がり梁 再生中の外観
再生中の外観:住宅密集地で進む再生工事は自ずと近隣の注目を集める。

民家再生作品No.12【小木人の舎】 山梨県南アルプス市での現地再生事例・2005年7月竣工
再生前の民家
再生前の民家

築年数約80年の平屋建て茅葺民家に2階を増築した既存住宅を、半解体し現地再生した事例。2階からの採光を重視した吹き抜けに、煤けた古材・増築部分の白い古材・今回加わった新材のコンビネーションが楽しめる。
再生後の外観 再生後の内観

民家再生作品No.11【ハルダム邸】 山梨県塩山市→塩山市への移築再生事例・2004年12月竣工(建築主によるD.I.Y.中)
再生前の民家
再生前の民家

典型的なうだつ造り・突き上げ屋根の甲州民家の移築再生事例。ワークショップを開催し土壁を実現する一方、土間と屋根面での蓄熱・熱循環を試みている。
再生後の外観 再生後の内観

民家再生作品No.5【赤尾の家】 茨城県→山梨県塩山市への移築再生事例・2002年1月竣工
再生前の民家
再生前の民家

蓄年数約100年の元茅葺民家を移築再生。二重に掛けられた小屋梁・桁行き梁が特徴。壁は落とし板工法に漆喰(内壁は珪藻土)とし、天井・床ともに杉板仕上げの簡潔な住まいである。
再生後の外観 再生後の内観

民家再生作品No.4【日本料理吉川】 山梨県→愛知県名古屋市への移築再生事例・2002年1月竣工
再生前の民家
再生前の民家

密集地での店舗としての移築再生事例。土壁・土間・外壁・厨房の木部仕上げなど建築法規との調整が難題だった。そのため難燃加工・防火加工の杉板を天井に用いている。
再生後の外観 再生後の内観

民家再生作品No.3【軽井沢のアトリエ】 山梨県鰍沢町→長野県軽井沢町への移築再生事例・2000年12月竣工
再生前の民家
再生前の民家

富沢町から鰍沢町へ移築されていた建物を、再移築した事例。建物の状態は良好で、建具などもほとんど再利用出来た。ローコストを課題としながらも、随所に遊び心のあるアトリエである。
再生後の外観 再生後の内観

民家再生作品No.2【月の木の家】 山梨県塩山市→北杜市への移築再生事例・1998年3月竣工
再生前の民家
再生前の民家

築年数不明、20年近く無人だった解体寸前の民家の移築事例。保存状態は悪かったが主要構造が栗材だったため、再生が実現した。規模を縮小しコンパクトな別荘としている。
再生後の外観 再生後の内観

一級建築士事務所(有)アルケドアティス:代表 網野隆明 
事務所所在地:〒404-0043 山梨県塩山市下於曽556-1(JR塩山駅より徒歩5分・新宿より中央道1時間半)
電話:0553-33-7739  *URLhttp://www.alcedo-atthis.com  *E-mailstudio@alcedo-atthis.com